①もしかして、それ「てんかん」かも?②脳深部刺激療法:パーキンソン病、本態性振戦、ジストニアに対するDBS手術
研修主催者:横浜市立大学
研修詳細
※今後の社会情勢により、日程など変更になる場合があります。最新の情報はエクステンション講座ホームページをご確認ください。

①てんかんは、あらゆる年齢で発症する有病率の高い慢性脳疾患です。近年、てんかんが脳卒中や認知症といった他の脳疾患と様々な点で関わっていることが明らかになってきました。
この講座ではそれらの新たな知見を紹介するとともに、てんかんの症状、診断・治療法について概説します。
 
②パーキンソン病は基本的には薬でコントロールしていく病気です。しかし、なかなか薬だけではうまくコントロールができない場合があります。また、本態性振戦やジストニアの中には薬がほとんど効果ないこともあります。そのような場合にはDBS手術を検討してみるのも一つです。講演ではDBS手術について詳しく解説し、同時にそれ以外の治療方法についても触れようと思います。
 
※マスク着用、体温計測の上ご来場ください。会場にて健康観察カードのご提出をお願いします。
開催日時
2021年12月01日(水曜日) 全1コース 各全1日間
研修開催日程・時間等
14:00~16:00
研修会場
横浜情報文化センター6階ホール
横浜市中区日本大通11番
<電車>
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口
JR・市営地下鉄「関内」駅徒歩10分
<バス>
「日本大通り・県庁前」徒歩1分

申込締切
2021年11月19日(金曜日) (先着順)
申込締切詳細
定員に達し次第締め切ります。キャンセル待ちはありません。
チラシと開催要綱(PDF)
申込み問合せ先 (研修主催者)
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
TEL 045-787-8930  FAX 045-701-4338  E-mail: exten@yokohama-cu.ac.jp
ホームページ https://www.yokohama-cu.ac.jp/ext/
募集状況
申込受付終了