女性の依存症(薬物・アルコールなど)を支援する相談員・福祉職の方へ ~女性サポートセンターIndah(インダー)セミナー~
研修主催者:横浜市男女共同参画推進協会
研修詳細

日本では、依存症(買い物、アルコール、恋愛、薬物、摂食障害、その他・・・)は、
タブー視され、その経験を当事者や支援者が安心して語れる場は多くはありません。


セミナー午前の部は、
女性サポートセンターIndah(インダー)の7年間の軌跡を紹介。

また、依存症にまつわる体験を当事者が言葉で語ることで、
孤独から解放され、 ありのままの自分を受け入れていく回復のストーリーを探ります。


セミナー午後の部は、
依存症支援に携わる専門家たちのパネルディスカッションを開催。
依存症の回復施設の現場で、今、何が起きているか?
回復には何が必要なのか?
現場で活躍中の経験豊富な講師陣の話が聞けるチャンスです。


依存症は回復できる病気です。ひとりで悩んでいる当事者の方や、ご家族の方、
依存症支援に従事する医療・福祉・教育関係者の皆さまなど、
関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

午前の部のみや、午後の部のみの参加も可能です。

昼食は各自でご用意をお願いいたします。


【内容】

◇10:00 - 10:30

 女性サポートセンターIndah(インダー)の活動紹介
 講演:小嶋洋子(女性サポートセンターIndah代表)

◇10:30 - 12:00
 通所者たちのスピーチ (OG含む)

(12:00 - 13:00 休 憩 )

◇13:00 - 16:00

 パネルディスカッション「女性依存症施設に何が必要か」

 <パネリスト>

 上岡陽江(ダルク女性ハウス代表、精神保健福祉士)

 鶴田桃エ(日本アノレキシア・ブリミア協会NABA代表、精神保健福祉士

 枇杷優子(ウイメンズアディクションサポートセンター オ’ハナ施設長、精神保健福祉士

 井上恭子(神奈川県立精神医療センターカウンセラー、精神保健福祉士

 小嶋洋子(女性サポートセンターIndah代表)


女性サポートセンターIndah(インダー)とは・・・

横浜市瀬谷区で女性の依存症者の回復施設として平成24年1月から活動しています。
福祉医療関係機関と連携し、利用者の必要とする社会サービスが提供されるよう個別援助をしています。

開催日時
2019年10月23日(水曜日) 全1コース 各全1日間
研修開催日程・時間等
10:00~16:00
研修会場
男女共同参画センター横浜(フォーラム)
〒244-0816横浜市戸塚区上倉田町435-1
TEL: 045-862-5058 
JR・横浜市営地下鉄ブルーライン 戸塚駅下車 徒歩5分
会場URL:https://www.women.city.yokohama.jp/y/access/

申込締切
2019年10月23日(水曜日) (当日受付)
申込締切詳細
セミナーへの参加については、参加費無料、予約不要です。

(保育の利用についてご案内)
1歳6カ月~未就学の子どもが対象です。有料。
4日前までに要予約・先着順です。
<申込先>フォーラム「子どもの部屋」
電話045-862-4750(9:00~16:30 木曜・日曜・祝日を除く)
チラシと開催要綱(PDF)
申込み問合せ先 (研修主催者)
女性サポートセンターIndah(インダー)
〒246-0031
横浜市瀬谷区瀬谷4-11-16 足立ビル1階
TEL 045-302-5882
インダーURL:http://indah-sos.com/
 
募集状況
募集中